スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海道新幹線 感電の男性「死にたかった」

東海道新幹線 感電の男性「死にたかった」

そういう理由で、

東海道新幹線屋根で感電したのは、

都内の25歳男性で、2万5千ボルトで洋服燃え

全身に大やけどをしたらしい。

感電による自殺の試みは止めた方が良いと思います。

感電したというのは、身体の中を電流が流れたということで、

場所にもよりますが、身体が電熱器になったようなもの、

命を取り留めたとしても、身体の組織が焼けており、

私が知っている人の話でも、何日も苦しむ場合もあるようです。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。