スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国電力は大丈夫ですか?

北海道、東北
沖縄
九州、四国
次々と買取中断になり、
国も制度見なおしを言い始めると、
中国電力はどうなんだ?
という問合せを、毎日のようにいただく。
分からない!(先のことは)

ということは、誰でも分かっているけれど、
色々な人の意見を聞いて、納得しようとする。
まして、電力会社に30年もいたのなら、
何か知っているのではないか、分かるのではないか
という事になる。

私が言っていることは
新聞に掲載されたグラフは意味が分からない?
あれで納得はできない。
中国地方でも、場所により制限がかかっている。
むしろ、全く制限がないという事はあり得ない。
事業規模によって、制限がかかるかどうかは違ってくる。

行き場を失った、お金や人が
中国地方にやってきている。
電力会社としても、中断が言いやすい空気になった
したがって、中断の時期は早まるだろう。
それがいつなのか、
今年度申請分も全部OKかどうかは分からない。
検討に時間もかかる。(低圧でも)

したがって、決断を急いだ方が良い。

見かけ上あるように見える権利の売買は
出来にくくなる。
→正常なビジネス展開なら、
 中断してもそれほど大きな損失はない。

太陽光新設バブルははじけようとしている。
次が始まる。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。