FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<風力発電>「騒音、もう限界」

<風力発電>「騒音、もう限界」…愛知・田原の男性、提訴へ
毎日新聞 2月22日(土)7時12分配信

知的資産経営の展開と平行して、
再生可能エネルギー発電事業の支援をしていますが、
私が勧めているのは、
太陽光、中小水力、地熱、バイオマス、バイオエタノール、潮力発電で、
風力発電の実施には消極的です。
太陽光も発電はお日様まかせ、
風力は風まかせ、なのですが、
風力がいいとお考えの方は、
「雨でも、夜でも発電するから」
と言われます。
確かに、発電方式は直接的、シンプルで
燃料切れも、日射量も関係ありませんから、
日本海の海岸近くにも、
設置されているのを何度も見ました。
今私は直接保守点検をめったにしませんが、
メンテナンスに携わってきた人間として、
冬の日本海の吹雪の中で、
故障している太陽光発電設備を見るために、
停電している高い場所に上るのは
うれしくありません。
またクリーンなエネルギー
というのは、CO2の問題に限らないと思います。
音も、光も、臭いも設備周辺の方には
重要な問題になります。
「長期間安定的に収益を確保する」
というのが事業の目的であるなら、
十分な事前調査と対策が必要です。
単にキロワット当たりの建設コスト
だけで事業を進めるのは、大失敗につながるでしょう。
風力発電のプロペラが折れ、
地面に突き刺さっている写真が
昨年何度か報道されましたが、
これなどはパニック映画の一場面のようです。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。