スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気主任技術者の資格を取得する



電気主任技術者(電気管理技術者)の免状を取得し、あなたの将来に役立てる方法。

電気主任技術者免状取得&電気管理技術者認定

電気主任技術者(電験)免状取得

・一生使える「電気の資格」電気主任技術者(電験)の免状(資格)取得をお手伝いします。
 試験が苦手でも、勉強する時間が無くても、一定の学歴と実務経験があれば取得できます。

150名以上の取得実績を持つ専門家がお手伝いします。
(電験1種、電験2種、電験3種、管理技術者、各資格取得実績)


*独立して、仕事をするためには、まず、電験3種を取得することが先決です。

 これを実務経験で取得しようとすると

 1.認定(工業)高校 電気科 卒業

 2.500V以上の電気の仕事に携わっていた経験が3年以上

 3.その実務を経験した会社の印を取得できること。

 *会社が無くなっていると、会社印を受けられないので困難になります。

お問い合せはこちらから→「実務経歴証明書」に関するお問い合せ

定年してから電気の仕事をする気はない!


『若い頃は、そう考えていた。』

ご依頼いただいた何人もの方がそうおっしゃいます。

『だんだんと、定年が近づくにつれて、自分に何が出来るかを考えた。』

『再就職しても、時間が拘束されるのに、手取りのお金は少ない。』

『自由な時間も持ちたいと思うと、ほとんどお金にならない仕事しかない。 そう気付いた。』

そうおっしゃる方には、

「電力業界や電気の仕事をしていると、自分の経験がそれほど特殊なものではないとお感じのことと思いますが、世間一般から見ると、電気の知識や経験は特殊なものなのです。

定年になったとき、定年からしばらくして、使うか使わないかは、その時のご自身の判断ですが、取得できるときに取得しておくと、いざと言うときに、すぐ間に合い、有利な就職のチャンスを逃さずに済みますよ。」

とお話ししています。

例えば、工業高校の電気科を卒業されて、何年も500V以上の電気機器の点検などの仕事をした経験(実務経験)がおありなら、取得できる時に取得しておくのが有利です。

この制度は特別なものですので、仮に会社が倒産等で無くなってしまうと、実務経験を証明してくれる会社が無いため、いくら実務経験があっても、実務経験で資格を取得することは出来なくなります。

ですから、

資格は取れるときに取っておくことをお勧めします。


もちろん、頑張って勉強して、電気主任技術者の資格をとることはすばらしいことです。

現在の制度は、科目合格もありますから、取得しやすくなっています。

ですが、試験のチャンスは年1回、教材や受験料、交通費、あるいは宿泊費を考えると、それなりにお金はかかります。

また、「稼げる資格」である「電気管理技術者」の認定を受けようとすると、第三種電気主任技術者の資格を持っていることに加えて、実務経験が必要になります。


電気主任技術者と電気管理技術者の違いは、このページの下をご覧下さい。

実務での取得を考える前に(基本的チェック)

(高校卒業資格での認定を目指す方)


□ あなたは、工業高校電気科卒業ですか?

□ あなたの母校は認定校ですか?

□ 必要な単位は取得していますか?

(大学卒業資格での認定を目指す方)


□ あなたは、大学で電気工学科卒業ですか?

□ 必要な単位は取得していますか?

(実務経験について)


□ 500V以上の電気設備の保守点検をしていましたか?

□ それは何年間ですか?

取得をお考えなら、お気軽にお問い合せ下さい。

お問い合せはこちらから

「実務経歴証明書」に関するお問い合せ

電気主任技術者免状取得(マニュアル購入)

電気主任技術者(電験)免状取得

電気主任技術者の免状を自分で作成して取得しようお考えの方に、最近の5年間で、150人以上の合格者を生み出している専門家のマニュアル(データ)をお届けいたします。
ご自身のご経験に合わせて、下記のフォームからお申し込みください。

マニュアルのご利用方法

 実際に使用したデータから個人情報・企業情報の部分を空白にしたものを、お届けいたします。
 それをご自身のご経験に当てはめれば、円滑に資料作成が可能です。

(ご注意)
 認定による資格取得の対象となる実務経歴は、あくまで本人の経験によるものですので、マニュアルをそのまま使用しても合格になるわけではありません。
 ただ、一定のレベルのものに仕上がりますので、面接回数や時間が短くて済むというメリットがあります。

お届けする商品

◆作成マニュアル

◆お申込いただいた部門の実務経歴証明書(実例)・・プリントアウト版

◆お申込いただいた部門の実務経歴証明書(実例)・・PDF版

*PDFデータにより、円滑に作成が可能です。
 本製品の転売・譲渡等は禁止させていただきます。

価格は1部門当たり、18,000円(税別)です。

(全国対応)

☆☆☆ お客さまの声 ☆☆☆

本日、郵送にて書類が届き、先ほど確認させていただきました。
  内容に大変満足しております。ありがとうございます。
                        (千葉県 T様)


 お申込をお受けした後、あらためてご確認のメール等を送付いたします。



お問い合せはこちらから→「実務経歴証明書」に関するお問い合せ

(全国対応)

☆☆☆ お客さまとお申し込みまでのメール ☆☆☆

■(参考)実際のお客さまとのメールでのやりとりです。
*あいさつや、詳細な部分、個人や企業情報の係わる部分は省略・変更しています。(長文です。)

(お客さま)
2種認定を考えています。
工場受電設備11000V発電機無しを専任して5年経過しました。
御社の販売する電気主任技術者免状取得(マニュアル購入)についてお教えください。
・御社のマニュアルで実務経歴書を制作しますと何枚ぐらいになりますか。
・経歴書を完成するまでには、一般的には費用はおいくらで収まるでしょうか。

(当方)
個人、法人、電気保安法人のお手伝いとして、実務認定による、電気主任技術者資格取得を行っています。
今までに、1種、2種、3種の方、合計150名以上の方が免状を取得されています。
お問い合わせの金額ですが、
ご経験にあった内容の、実際に使用した最新版資料は、ネットに掲載していますとおり、18,900円となります。
こちらでお手伝いをする場合、取得を目指す資格のランクで異なりますが、2種では、○○○,○○○円が標準額です。これは、業務の着手時に全額ご負担いただいています。
こちらで記載する場合は、業務の着手に当たっては、申込書兼契約書をご記入いただきますが、この業務は、必ず資格取得をお約束するものではございません。
と申しますのが、実務認定は、行政が認める特別なものですので、一定の要件を満たせば、必ず資格が取得できるというものではないからです。
・・以下略・・・
もし、実際の資料をご希望の場合は、ご担当された実務内容を、お知らせ頂ければ、標準的な内容を、一部修正したものをメールにてお届けいたします。
なお、資料作成等をすべてご依頼いただく場合は、ご住所、氏名をお知らせ頂ければ、関係書類を郵送いたしますので、それでご検討ください。

(お客さま)
実は先日、自身で制作したものを電力安全課に送付したところ、ボリュウーム不足と指摘されました。経歴3枚、別表2枚、組織1枚で制作したものです。
自分で時間をかけるよりもと思いネット検索し行き着き、メールした次第です。
<経歴>
・専任の主任技術者(3種取得は平成○年○月)
・特高11000V、最大電力4800KW、特高トランス6000KVA
・業種:○○加工業
・電気設備担当は1人(本人のみ)
・維持、運用 
 毎日:記録、監視、
 月2回:巡視点検
 年1回:停電して年次点検(業者で、2~3日)
 5年1回:精密点検(年次+遮断機精密、継電器特性など)

(当方)
資料代金は、添付の口座にお振込みをお願いいたします。
また、通常は、標準的なデータをお届けいたしておりますが、既に一度作成済みでしたら、せっかくですから、お差し支えなければ、すでに作成されたものを、スキャナー画像として、またはPDF形式で頂ければ、それを加味したものにアレンジして、お振込み後、1週間から10日程度で、このメールにてPDF形式で、お届けいたします。
こちらでは、資料作成をDTPソフトで行い、それをPDF形式でお届けしておりますが、お客さまが作成中のソフトでも使用できるように、テキスト形式と合わせてお届けいたします。

(お客さま)
○/○に振込の手続きを行いました。ご確認ください。
私はエクセルで制作しましたのでPDF版とテキスト版両方でお願いします。

(当方)
頂いた資料をもとに、加筆した実務経歴をお届けいたします。ご参考になれば、幸いです。
なお、テキスト形式は職務内容のみお届けします。あくまでこれはサンプルとして頂き、記載内容はそのままコピーをするのではなく、ご自身の経験、言い方で、面接時に説明できるように完成させてください。
その他の留意点は、PDF版の該当箇所に、吹き出しの形で記載しています。

(お客さま)
この度は、有難うございました。
いただいた資料をもとに、私なりに考え制作してみます。
無事認定にたどり着きましたら御報告させて頂きます。
                        (岡山県 M様)


 お申込をお受けした後、あらためてご確認のメール等を送付いたします。



お問い合せはこちらから→「実務経歴証明書」に関するお問い合せ

電気主任技術者免状取得(専門家による作成)

電気主任技術者(電験)免状取得

 電気主任技術者の免状を実務経歴で取得しようお考えの方に、最近の5年間で、150人以上の合格者を生み出している専門家が、あなたに代わり資料を作成いたします。
 メール・電話・郵便等のみの授受で免状取得された方もたくさんいらっしゃいます。ご自身のご経験に合わせて、下記のフォームからお申し込みください。

金額は希望する資格と経歴により変わります。

例)報酬額の目安
工業高校卒業資格で電気主任技術者3種を実務により取得される場合。   

 
80,00円(税別:標準額)です。
     (実務経歴ページ数20ページ以下の場合)
       (全国対応)
お申込をお受けした後、あらためてご確認のメール等を送付いたします。

お問い合せはこちらから→
「実務経歴証明書」に関するお問い合せ



☆☆☆ お客さまの声 ☆☆☆

友愛行政法務事務所
下村様

お世話になります。
産業保安監督部より第3種電気主任技術者免状が
届きました。ありがとうございました。
下村様に出会わなかったら免状取得はなかったと思ってます。
期間が長引いてしまいましたが、お忙しい中対応して頂き
感謝しております。
これで主任技術者の仲間入りとなりましたが、免状取得がゴールではなく
むしろこれからが実力を問われるものだと考えております。
今後も技術、知識の習得や経験を積み有能な主任技術者を目指します。
下村様におかれましても、くれぐれも健康に留意されて
今後益々のご健勝をお祈り申し上げます。
私のささやかな感謝の気持ちとして、郷土名産であるお茶を送らせて
もらいました。(私の実家は茶農家です)
どうもありがとうございました。
                                 (静岡県 O様)


対応地区
 ■ 兵庫県(神戸市 ・姫路市 ・尼崎市 ・明石市 ・西宮市 ・芦屋市 ・伊丹市 ・相生市 ・加古川市 ・宝塚市 ・高砂市 川西市 ほか)

 ■ 大阪府(大阪市・豊中市・箕面市・池田市・茨木市・吹田市・高槻市・枚方市・東大阪市 ほか)
 ■ 中国地方(広島県・岡山県・山口県・鳥取県・島根県)
   (広島市、福山市、府中市、三次市、三原市、岡山市、笠岡市、倉敷市、総社市、高梁市、新見市、津山市、備前市、浅口市、
    赤磐市、玉野市、鳥取市、倉吉市、米子市、境港市、松江市、出雲市、浜田市 ほか)
 ■ 四国地方(香川県・愛媛県 ほか)

 ■ 上記の地域以外からのご相談も、お待ちしております。 























































































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。