FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すぐそばにある別の世界

ドバイに来て、

こちらで14年目を迎えられる日本人の方とお話をした。

現在はコンサルタントをしておられ、

今後、私たちが行うビジネスとの繋がりが強くなる。

日本国内にいて、どの放送局からも同じようなニュースが流れ、

それに対する評価も、大差はない。

その「正しい」(と日本国内では一般に思っている)情報が、

世界の出来事のすべてでは当然、ありえない。


世界の出来事の、ほとんどは人に知られず、

人に知られた、一部の情報だけが、マスコミに取材され。

取材された情報のほとんどは採用されず、

流された情報のほとんどを、私たちは認識せず。

その認識した、ごく一部をもって「世界の出来事」と思ってしまう。


石油がほとんどとれない、ドバイを早くから貿易立国にしようとし、

その後、観光も国の政策とした。

イスラム諸国の中で、欧米文化とも微妙なバランスをとりながら、

アラブ、ペルシャと異なる文化とも微妙なバランスをとる。


長子継承が常識ではなく、実力のあるものが後を継ぐ。

そうでなければ、他国と陸でつながった国(民族)の安全はない。


日本から世界のビジネスを考えるには、

その国が置かれてきた歴史的立場を根本から考えなければならない。

表面だけ、現在だけを見るのでは、答えは誤りを導く。

そんなことを感じた。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。