FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容院での負の資産

「お客さま、お久しぶりです。

 3ヶ月ぶりくらいですね。

 どうされていたのですか?」


若い、美容院の店員さんがお客さまに話しかけます。

笑顔で、親しげな口調で、

でも、

余り相手の心の動きは考えていないようです。



「ええ、この頃、とっても忙しくて・・」



この頃は、女性の美容院に行く数が減っているとか、

毎月が1ヶ月半に、1ヶ月半が2ヶ月になっているようです。



”生活が大変・・・”



『どんな理由であれ、

 こんな想像をされるような話を

 他の人もいるところでされたくない。』


「お久しぶりです。」も必要ない。


「今日も、いつも通りで、よろしいですか。」

それだけで良い。


まして、定員のあいさつの口調に、

最近来なかったという批判の雰囲気があるなら最悪です。


目に見えない知的資産を見つけるつもりでも、

知らない間に、目に見えない知的負債が膨らんでいるかも知れません。






コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。