FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的資産とは

知的資産とは「従来のバランスシート上に記載されている資産以外の無形の資産であり、

企業における競争力の源泉である、人材、技術、技能、知的財産(特許・ブランド等)、組織力、

経営理念、顧客とのネットワーク等、財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称」を指す。

(中小企業のための 知的資産経営マニュアル 中小企業基盤整備機構)

とあり、一応わかったような気がしますが、

様々な書物では、論者により言葉だけでなく、その概念も微妙に異なります。


ここでは、話がややこしくなるので、

この『中小企業のための 知的資産経営マニュアル 中小企業基盤整備機構』

により話をすすめ、必要の都度、場面場面で説明を加えることとします。


この知的資産の特徴としては、

① それ自体に交換価値があるわけではない。

② 独立して売買可能ではない。

③ 知的資産のすべてをその企業が必ずしも所有・支配しているとはいえない。

という点があります。


まず、今回はここまで。




コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yuaiblog.blog18.fc2.com/tb.php/466-2416f771

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。