FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人の知的資産経営戦略

個人の知的資産経営戦略

一般に知的戦略経営いや経営といえば、会社の事とすぐに考えてしまう。

では、個人としての経営や知的資産戦略は不要なのであろうか、

一般に、個人は資力はそれほど多くはない、

人材といえば、まず自分自身か家族だ。

組織構造と言えるべきものはない。

しかし、個人起業者であれ、大企業であれ、

もともとは個人の集まりだ。

すると、知的資産の重要性が高いのは、

大企業よりもむしろ個人の方が大きいと言える。


自分にあるのは、そのほとんどが知的資産だからだ。

食品作りのノウハウ、

パソコン関係の技能、

国家資格、

豊富な人脈など、これらこそが知的資産なのだ。

その知的資産をどのように考えるのかを、

経営ノウハウとして考えるケースは少なく、

多くの人は、たんに、自分の資格を使って、

なにか商売は出来ないかと考える。

そこで、知的資産経営戦略があれば、

より順調な起業・生活ができると考えられる。


その一方で、「個人」を意識した場合、リスク管理も重要だ。

「経営者」は収益を挙げるための、知的資産活用を考える一方で、

自分と家族の、安全・生活の安定も同時に考えなければならない。

トラブルに巻き込まれないためには、

早めの準備や、事前の確認が重要だ。

そこで少しの時間と費用をかけておけば、

将来の大きな出費や無駄な労力が防げる。

さらに、夢を見ながら前を見ていると、

簡単にいえば、自分の「欲」で注意力が欠けるおそれがある。

「儲かる」といわれれば、簡単に信じてしまい出費をしたり、

契約を交わしてしまうというリスクが発生する。

そこで、ここでは、そういう点についても、

「知的経営」として合わせて記載する。






コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yuaiblog.blog18.fc2.com/tb.php/399-3ea3fa50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。