FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別世界

たぶん、宇宙はひとつ、世界も一つ

と言いたいところだが、宇宙として認識しているのが一つ、

自分が認識する世界は人それぞれさまざま。

世界を論じようとしているのじゃあない。

学校が始まって、一年生だろうか、小さな男の子と女の子が二人で歩きながら帰っていた。

建物の日陰の部分で、枯れ葉が渦を巻くように動いていた。

子供たちは、それを興味深そうに見ていた。

そういえば、自分も子供の頃は、地面にある、草や石が今よりももっと身近だった。

大人になり、目の高さが50cmほど高くなっただけで、地面にある葉っぱも、石も、ゴミも関心が薄くなり、全部をゴミのように感じているのではないか。

目に近いものほど関心が強く、離れると気持ちからも離れる。

大型トラックを運転すると、視線から離れた下の部分にある車や人が、ただ煩わしいものとだけ、感じるのではないだろうか、だから、運転が荒くなる。

子供が見ている世界、歩行者が見ている世界、バイクが見ている世界、きっとバラバラだ。
時には、地面に近い視線で、いつもの景色を見るのもおもしろそうだ。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yuaiblog.blog18.fc2.com/tb.php/165-a71e3e43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。